糖尿病は早めに対策|医者にしっかりと相談だ

医師

正しく理解して治療する

笑顔の女医

糖尿病の原因には様々あり、それぞれの糖尿病によって症状の現れ方や治療の仕方が違います。糖尿病が原因による合併症は、大きな病気の原因に繋がる為に正しく病気を理解して正しい方法で治療する事がとても大切です。

Read More

病気を知っておく

医療

糖尿病にならないために、日ごろから食事に気を使ったり、運動を心がけましょう。もしも発症してしまったのなら、宅配サービスを利用してみたり、どうしても外食しなければならないのであれば、サプリメントが便利です。

Read More

静かに進行する国民病

男性

初期症状を感じたら

糖尿病は、国民病と言われるほど増えていて身近な病気です。自覚症状がほとんどないため、自身では気付きにくく、悪化してから糖尿病だったと診断されるケースも多くあります。治療が遅れれば、それに伴っての合併症がかなり進行してしまうこともあるので、自分は糖尿病とは関係ないと決めつけるのは危険です。喉の渇きや頻尿、目のかすみや足の冷え、全身のだるさなどの初期症状が見られたら病院を受診しましょう。検査をして、血糖値が高かったり治療が必要と判断された場合には、医師の指示に従い、適切な治療を行うようにします。糖尿病は、完治はしないものの、正しい知識と治療で血糖値をコントロールし、日常生活に支障が出ないほどのレベルで過ごすことが可能です。

血糖値を下げる食品

血糖値が高い状態が糖尿病ですが、血糖値はなぜ高いといけないのでしょうか。飲食をすれば、誰でも血糖値は上がります。この血糖値が、急に上がったり下がったりしてきちんとコントロールできていないと、体内にサビやゴミが蓄積され、様々な病気を発症しやすくなるのです。食後の血糖値の上昇を抑えるためには、野菜、豆類、ナッツやきのこ類を普段の食事から摂れるようにしましょう。これらの食品は糖の吸収がゆっくりなので、血糖値の急な上昇を防いでくれます。また内科などの病院では、糖尿病にならないための健康的なメニューや組み合わせ、調理法などを指導してくれることもあります。もちろん発症してしまった場合は薬の処方などもありますが、血糖値が高めなど糖尿病になる可能性のある場合などは、生活習慣を見直すように指導されることが多いです。普段から定期的に検診を受け、自分の状態を把握するようにしましょう。

注意点と特徴

病院

糖尿病は体内のインスリンの分泌が何らかの原因で少なくなり、血糖値が高いままになる病気です。先天的なものと、後天的なものの2種類があります。糖尿病の注意点としてあげられるものに合併症があります。細い血管が侵されるため、様々な合併症を引き起こすのです。

Read More